なぜ不妊症になるのか?

 

男性側にも不妊の原因がある?

結婚が晩婚化したことから不妊症で悩む人も多いのですが、その原因はどこにあるのでしょうか。

 

不妊症は一般的な夫婦生活において、2年以内に妊娠がないということが定義です。
通常の夫婦であれば、2年以内に9割以上が妊娠をする事実があります。
不妊症の原因は、全体の5割は女性側に理由があるケースになります。
残りの5割のうち3割は男性側にあり、2割は原因不明の不妊症であると考えられています。
女性側の不妊の原因としては卵巣の機能不全や子宮内膜症などが代表的ですが、他にも性感染症が理由となることがあります。
男性側の不妊は無精子症や性交障害などが一般的です。
最近ではセックスレスも不妊の大きな原因と考えられています。
特に子どもが欲しいからとこれまで性交渉を断っていた女性から誘われたとき、男性側が精神的に大きな負担を感じるケースが多いからです。
結果的にEDを発症してしまうことから、不妊症となってしまうこともあるので注意してください。

 

不妊症の原因は男性にも女性にもあるだけではなく、原因が不明となっているものもあるので、まずは医療機関で診断を受けることが大切です。最近ではセックスレスからの不妊症もあるので、普段から性生活を送ることが重要になります。

 

溝口博士 子宝の知恵